United Sports Brands

COMPANY HISTORY

ソニー企業株式会社

1961年
ソニー(株)全額出資により、ソニー企業株式会社設立。
1972年
アスレチック事業部が米国よりアスレチック機器輸入販売開始
1975年
アスレチック事業部が米国J&J社のアスレチックテープ輸入販売開始。
同時にアスレチックテープの普及活動(テーピング講習会・大会販促)を行う。
1988年
アスレチック事業部が米国McDavid社の総輸入発売元として日本でのマーケティングを開始。
2004年
日本でのMcDavid輸入販売を終了。
マクダビッド ジャパン株式会社へ事業移管

マクダビッドジャパン株式会社

2004年
9月、マクダビッドジャパン株式会社を設立。
2005年
プロテクティブ アパレルHEXPADを日本で販売開始。
アメリカンフットボール、バスケットボール、ラグビーなどコンタクトスポーツの各競技別専用デザイン。
米国プロバスケットボールリーグのプレーヤーCorey Maggette(コーリー・マゲッティ)と契約。
2006年
プロテクティブアパレル(プロテクター機能を搭載した革新的コンプレッションインナー)という新しい領域をスポーツ市場にローンチ。
米国プロバスケットボールリーグのスタープレーヤーDwyane Wade(ドウェイン・ウェイド)とブランドアンバサダー契約。
サッカー元イタリア代表ゴールキーパーのFrancesco Toldo(フランチェスコ・トルド)、 Angelo Peruzzi(アンジェロ・ペルッツィ) と契約。
2007年
吸汗速乾力・軽さ・フィット感・サポート力に優れたhDcファブリックを使用したM656パワーアームスリーブ、M6575パワーレッグスリーブを発売。
米国バスケットボールリーグ全チームにMcDavidおよびHEXPADが拡がり、選手使用率25%超の驚異的なシェアに(当社調べ)
セリエA全チームのゴールキーパーにおいてHEXPAD使用率60%(当社調べ)に。
欧州サッカーリーグ全体に使用者が拡がる。
NCAAのラッシングヤード記録(当時)を所持していたNFLプレーヤーEdgerrin James(エジェリン・ジェームズ)と契約。
サッカー元フランス代表ゴールキーパーのSebastien Frey(セバスティアン・フレイ)と契約
2008年
ドイツのフットボールブランド uhlsportと総代理店契約を締結。
2009年
1月、日本におけるuhlsportの販売・マーケティングを開始。
サッカー日本女子代表ゴールキーパーの福元美穂選手(岡山湯郷Belle)と契約。
2010年
日本プロ野球の全チームに“451リストサポート”の使用選手が拡がる。プロ野球、高校野球でNO.1シェアのサポーターブランドに。(当社調べ)
今江敏晃選手(楽天イーグルス)と契約
2012年
日本バスケットボールリーグJBL(現NBL)とオフィシャルスポーツメディカルサプライヤー契約を開始(継続中)。
肉離れなどの筋肉系トラブルのケアに最適な画期的サポーター443(ふくらはぎ用)、474(ふともも用)を発売。多くのトップチームやトレーナーがチーム備品として採用。
2013年
ハンドボール界のスーパースター、フランス代表プロハンドボールプレーヤーNikola Karabatic(ニコラ・カラバティチ)と契約。
2014年
McDavidブランドのフルリニューアル(NEWブランディング)を実施。ロゴ、パッケージ、製品を刷新かつアップグレード。
全米屈指のセンター、米国プロバスケットボールプレーヤーDeAndre Jordan (デアンドレ・ジョーダン)と契約。

ユナイテッドスポーツブランズジャパン株式会社

2015年
4月、米国McDavid社と米国Shock Doctor社が合併。
10月、合併後の新会社(米国本社)がUnited Sports Brands に名称を変更。
同日本法人の社名もマクダビッドジャパン株式会社から『ユナイテッドスポーツブランズジャパン株式会社』へ変更。
2016年
1月、米国のスポーツプロテクションブランド Shock Doctorの販売・マーケティングを開始。
4月、米国のランニングエッセンシャルブランド NATHANの販売・マーケティングを開始。
6月、米国バスケットボール協会とオフィシャルマウスガードブランドとしてパートナーシップを締結。
9月、Bリーグ(ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ)1部所属4チーム(川崎ブレイブサンダース、リンク栃木ブレックス、アルバルク東京、千葉ジェッツ)とオフィシャルメディカルサプライヤー契約を締結
11月、Cutters オフィシャルブランドサイト公開